IR情報

経営情報

IRポリシー

当社は株主・投資家の皆様に、当社の事業戦略や財務情報などを、公平かつ正確に提供して参ります。

1. 情報開示の基本姿勢

情報の開示に際しては、金融商品取引法の関連法令や東京証券取引所が定める適時開示規則に則った情報開示を行い、全ての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。

2. 情報開示の手段

開示する情報は、東京証券取引所が提供するTDnetを通じて公開するとともに、当社が上場する証券取引所内記者クラブ(兜倶楽部・大阪証券記者クラブ)を通じて報道機関への公表を行うほか、当社ウェブサイトに掲載することにより行います。また株主の皆様には事業報告書および中間事業報告書を送付し、当社の事業展開についてお知らせしています。

3. 将来の見通しについて

開示する情報には「業績予想」など将来の見通しについての記述が含まれる場合がありますが、これらは一定の前提の下に入手可能な情報に基づき作成したものです。実際の業績は、世界情勢・経済環境などさまざまな経営環境の変動によって、必ずしも予想通りに推移するとは限りません。従いまして、当社に対する投資をご検討される場合には、これらの記述に全面的に依拠することはお控え下さいますようお願いいたします。

4. IR自粛期間の設定について

当社は、各四半期及び期末の各決算発表予定日の3週間前から発表当日までの間を「IR 自粛期間」とし、この期間内は決算に関するコメント・お問い合わせに対する一切の回答を差し控えさせて戴くほか、個別ミーティングなどもご遠慮させて戴いております。但し当該期間中に適時開示に該当する事象が発生した場合には所定の手続きに従って適宜公表いたします。

PageTop